ヒアルロン酸豊胸のメリットとデメリット

ヒアルロン酸豊胸のメリットとデメリット

ヒアルロン酸豊胸のメリット・デメリット

 

ヒアルロン酸を注入した豊胸は、効果が高いものでも徐々に効果が薄れて1〜2年で元に戻ります。

 

入れたヒアルロン酸が吸収されてしまうから。

 

 

じゃあなんでヒアルロン酸豊胸が人気なの?

 

 

お手軽だから

 

いつでもすぐに豊胸出来ます。

 

他の豊胸だと血液検査が必要な事が多いけど、ヒアルロン酸豊胸では不要。ドクターのスケジュールが空いていれば、カウンセリングを受けた当日にそのまま豊胸も可能。(食事制限などの注意もあります)

 

友人の結婚式や、緊急のの予定にも間に合います。

ヒアルロン酸豊胸のデメリット


安くてお手軽だけれどもヒアルロン酸豊胸にもデメリットはあります

ヒアルロン酸豊胸のデメリット

・月日の経過でサイズが小さくなっていく
・脂肪注入法よりは硬めのバストになる
・しこりが出来る可能性がゼロではない


・月日の経過でサイズが小さくなっていく

ヒアルロン酸で豊胸すると扱った品種によって、数ヵ月〜2年くらいで体に吸収されてしまいます。

なので追加注入するか、他の豊胸法を選ぶ事になりますね。

お試しの意味でやる、当分は追加追加で考えているという人向けかな。

あと、授乳後に少し萎んだ乳房を整える気持ちでやるのにも適していると思います。

ヒアルロン酸豊胸では少しずつサイズが小さくはなるのですけど、負担や傷跡のメリットも大きいです。

なので一生でかかる予算と負担を比較して、

バッグや脂肪注入じゃなくてヒアルロン酸を定期的に注入している人もいるみたいです。

参照:「ヒアルロン酸の持続期間を信じないで!」


・脂肪注入法よりは硬めのバストになる

ヒアルロン酸も柔らかいのですけど、脂肪注入よりは硬い。

なので思ったよりは硬い仕上がりになるかも。

ただし、高さが出るというメリットもあるので、希望と医師との相談で決めるのがいいかな〜って思います!


ヒアルロン酸の持続期間が長いと硬め、短いと柔らかめになる傾向があります。

とはいえ色々な種類があるので、一番希望にあったものを医師に相談しましょう。

一度安価なものから始めてみて、その後は医師と相談しながら変更していくのもいいと思います!


※最近は長期間維持出来て、感触も柔らかい豊胸があります。

⇒ 「アクアフィリングの豊胸」


・しこりが出来る可能性がゼロではない

これは注意。

最近のヒアルロン酸は質も高いのであんまり気にしすぎる必要はないのだけど、必ず医師にしこりの可能性については説明を受けてくださいね。

ヒアルロン酸豊胸のメリット

 

ヒアルロン酸豊胸のメリットは何より気軽なところ。

 

 

ヒアルロン酸のメリット

 

・安い
・本物の乳房と見分けが付かない
・手軽

 

事前の注意がいくつかあるけど、それさえ注意したらすぐさま予約・豊胸が可能。

 

・日常生活に支障がほぼない
・体の拒否反応が少ない
・注射を使うので、傷跡が残りにくい

 

 

・日常生活に支障がほぼない

 

全身の麻酔をした場合は当日は休んでおかなくてはならないですけど、翌日からはほぼ普通の生活になります。

 

 

・体の拒否反応が少ない

 

ヒアルロン酸は人体にも存在する成分なので、異物の反応が起こる可能性がとっても低いです。

 

 

・注射を使うので、傷跡が残りにくい

 

傷跡は残りにくいというか、普通は残りません。

 

見た目で豊胸した事がバレる事はなさそう。

 

 

ヒアルロン酸豊胸の最大のメリットが、「月日が経過すると元に戻ってしまう」というところ。

 

 

「元に戻ってしまうのはデメリットでは?」

 

 

もちろんデメリットでもあるけれども、メリットでもあります。要は、

 

 

やり直しが出来る

 

 

って事。つまり、

 

 

・今後のインプラント豊胸、脂肪注入豊胸のサイズの目安を決められる!

 

 

ってこと。

 

豊胸のお試しに

 

大きすぎてもいずれサイズが小さくなるし、小さすぎたら次はもっと量を増やせばOK。追加で入れることも可能。

 

シリコンインプラント豊胸や脂肪注入豊胸の前の予行演習に、

 

サイズや入れ方、日常生活や周りからの反応を確かめたりするのにも役立ちます!

 

 

※実際にヒアルロン酸豊胸行ってきました!

 

ヒアルロン酸豊胸の写真

 

参照:「ヒアルロン酸豊胸のリアルな体験談」

 

 

いきなりシリコンバッグを挿入してサイズが違うと不満ですよね。

 

脂肪注入豊胸は体の負担も大きいし、採取出来る脂肪の量にも限界があるので、

 

あらかじめ感覚をつかんでおくとサイズで失敗する事がなくなります!

 

 

価格も低いので、まずはこれで豊胸とはどういうものは実感して、それから継続してヒアルロン酸を補充するか、他の豊胸を選ぶか、考えたらいいですね♪

 

関連ページ

ヒアルロン酸とは
ヒアルロン酸にも製造する方法があって、原料や材料があります。
ヒアルロン酸豊胸の持続期間の秘密。柔らかさと料金の関係。
ヒアルロン酸のデメリットは持続期間が限られていること。ただし、この先何十年豊胸で暮らすのかを考えて決めたらいいと思います。 美容外科公式サイトに記載されている持続期間はちょっと短い事が多いので、必ずカウンセリングで医師の説明を受けて判断しましょう。
ヒアルロン酸豊胸がオススメのひと、そうじゃないひと
これからヒアルロン酸の豊胸も検討に入れているならばチェックです! ヒアルロン酸豊胸はとっても手軽で安くてメリットも多いのだけど、オススメ出来る人と出来ない人がいます。
豊胸で後悔しないため!お試しの豊胸はヒアルロン酸の注入で
豊胸手術で後悔するのが心配ならば、まずはヒアルロン酸豊胸から。 体の負担も小さく料金も安いです。 やり直しが可能な豊胸なので、今後の判断に役立ちます。