大胸筋膜下法のメリットは?大胸筋下法との違いは?

大胸筋膜下法のメリットは?大胸筋下法との違いは?

大胸筋膜下法の豊胸バックにメリットはあるの?

 

大胸筋膜とは大胸筋の上にある膜。

 

乳腺の下にあるので、大胸筋下法に比べて入れたバッグが自然に動くのと、ダウンタイムが短いのがメリット。

 

 

・大胸筋下法よりはシリコンバッグの形が浮き出やすいけど、乳腺下法よりは浮き出にくい。

 

 

「大胸筋膜下ではシリコンバッグの形が浮き出るんじゃ?」

 

実際のところ、大胸筋膜下法でもシリコンバッグの形が浮き出る人が多いので、あんまり採用しているクリニックは多くないです。

 

大胸筋膜下法でバッグの形が浮き出てしまってはその後のケアや負担が大きいので、基本は乳腺下法か大胸筋下法になると思います。

 

 

でもやっぱり、出来れば大胸筋下よりは大胸筋膜下の方が綺麗なおおっぱいになるのならば、そっちで試してみたいよね。

 

 

可能性はカウンセリングで相談!

 

これってカウンセリングで直接プロの医師に診断をお願いするしかない。

 

医師も直接対面じゃないと、判断出来ないよね。

 

カウンセリングは無料のところも多いし、美容外科は強引な勧誘はないので一度行ってみるといいと思います。

 

わたしもカウンセリングだけなら何箇所か行きました♪

 

(※もしも強引な勧誘をされていると感じたら、そこでは契約しない方がいいです。あまり誠実なところではないので。)

 

 

 

バッグの形が浮き出てしまったら?

 

医師も万能ではないので、絶対に100%バッグの形が浮き上がらないように大胸筋膜下法を成功させられるというわけじゃないです。

 

大胸筋膜下法ではやってみなくてはわからない面があるので、もしもリスクを減らしたいならば最初から大胸筋下法がいいでしょう。

 

 

それで、

 

 

もしもバッグの形が浮き出てしまったら?

 

 

脂肪を注入する

 

ハイブリッド豊胸という方法もあって、

 

自分の体脂肪を採取して、シリコンバッグの境界線の目立つ所に入れるという方法。

 

※ハイブリッド豊胸について

 

 

乳房が定着してきてから考える

 

本来おっぱいがないところにシリコンバッグを入れると、そこから皮膚が少しずつ伸びます。

 

皮膚が伸びていない状態のところに脂肪を入れても綺麗なおっぱいにはならない場合もあるのですけど、シリコンバッグが馴染んだ後だと脂肪注入法で綺麗になる可能性も。

 

豊胸手術の結果は未来永劫取り返しがつかないものではないんです。

 

しばらく見た目で不自然さがあるかも知れないですけど、少しずつ様子を見ながら医師と相談してみましょう。

 

 

 

扱うクリニックが少ない

 

大胸筋膜下法を選ぶよりは大胸筋下法を選ぶ人が多いし、医師もそちらをおすすめするので、あんまり公式サイトに大胸筋膜下法のメニューを載せているクリニックはないです。

 

大手クリニックならば医師も選べるので可能な場合が多いので、カウンセリングで確認してみましょう。

 

「シリコンバッグ豊胸とは。」Topメニューへ

関連ページ

インプラント豊胸(シリコンバッグ挿入法)のメリット、デメリット
インプラント豊胸は昔からある技術なので、高くて綺麗なおっぱいが出来ます。男性の胸に適した豊胸方法です。
シリコンバッグの豊胸だとマッサージが必要。
シリコンバックのインプラント豊胸だと、しばらくの間マッサージをしなくてはならないのが欠点。忙しい人のために、マッサージ不要のシリコンバックもあるので、カウンセリングで相談しましょう。
シリコンバッグ豊胸の痛みは?
シリコンバックを挿入する、インプラント豊胸手術にも痛みはあります。でも、手術の方法によって痛みも違うので、カウンセリングで詳しく確認しましょう。
シリコンバッグの豊胸だとバレない?
体は男性だけど、女性のような綺麗なおっぱいが欲しい。エステや美容整形で豊胸は出来る?胸を大きくする方法を探して試すブログです。
大胸筋下のインプラント豊胸のデメリット揺れと柔らかさ
大胸筋下のシリコンバックのインプラント豊胸手術にもデメリットがあります。それは揺れない、硬くなるということ。もちろん回避する事も可能なので、慎重に進めていきましょう。
シリコンバッグの寿命で入れ替え
シリコンバッグの寿命が何年かって結構難しい。丁寧に扱っている人は長持ちしているし、最初のマッサージをサボった人は短期間で交換するハメにもなるよ。マッサージは何年も続けるわけじゃないから、期間中は頑張ろう!
インプラント豊胸手術の傷跡の注意。する前に質問しよう
インプラント豊胸は形も綺麗だし、長期間使えるし、コスパいいしメリットばっかりだけど、注意も必要です。シリコンバックを入れるためにメスで切るので、切開する場所は必ず確認です。傷跡がどれくらい残るのか。医師に必ず質問しましょう。
シリコンバッグが破れて、体内で液が混ざる?
インプラント豊胸手術のシリコンバッグが破れてしまうリスクはほぼゼロです。そして、万一破れたとしても有害な物質じゃないし、液体みたいに染み渡っていかないです。