シリコンバッグの豊胸だとマッサージが必要

シリコンバッグの豊胸だとマッサージが必要。

インプラントはこれが面倒だけど。安定までマッサージ。

 

インプラント豊胸をしたら、ある程度の期間はマッサージが必要。

 

シリコンバッグを入れて放置していたら、ガッチガチの硬いおっぱいになるので注意。

 

 

シリコンバッグを入れると、その周りにカプセル皮膜というものが出来るのだけど、それが原因。

 

 

人体に異物がが入ったとき、

 

例えばシリコンバッグのような絶対に自然に排出出来ないようなものが入ったとき。

 

 

その異物の周りに膜を作って、異物を閉じ込める事で人体を守るんですって。

 

それはもうギュウギュウに押し縮めようと。

 

 

だって、普通ならば異物は小さい方がいいハズでしょ?

 

だから体の作用はそうなる。

 

 

シリコンバッグを挿入すると皮膜がバックを囲んでギュウギュウに押し縮めて、放置していたらガッチガチの乳房が完成してしまう。

 

 

皮膜自体は絶対にどうしてもできてしまうもの。

 

というか、

 

皮膜があるからバックが安定した状態で10年20年と維持出来るわけ。

 

 

どうするかって、その皮膜で出来た空間に余裕を作ること。

 

毎日まめにマッサージをする事で、バックに動きを与えるくらいの余裕が出来る。

 

それで揺れと柔らかさを与えてくれる。

 

 

ガッチガチおっぱいを防ぐためには、バッグと周囲の状態が安定するまでのしばらくの間はマッサージが必要。

 

 

3ヶ月とか。

 

 

シリコンバッグのクオリティが進化したためインプラント豊胸でも綺麗な自然なバストが出来るようになったけど、大事な時期にさぼっていると硬く不自然なバストになってしまいます。

 

 

・忙しすぎてマッサージをする暇がない
・そんな面倒な事はやっていられない

 

 

そういう人のために、最近はマッサージなしのシリコンバッグもあるので、なんとかカウンセリングで相談しましょう。

 

関連ページ

インプラント豊胸(シリコンバッグ挿入法)のメリット、デメリット
インプラント豊胸は昔からある技術なので、高くて綺麗なおっぱいが出来ます。男性の胸に適した豊胸方法です。
シリコンバッグ豊胸の痛みは?
シリコンバックを挿入する、インプラント豊胸手術にも痛みはあります。でも、手術の方法によって痛みも違うので、カウンセリングで詳しく確認しましょう。
シリコンバッグの豊胸だとバレない?
体は男性だけど、女性のような綺麗なおっぱいが欲しい。エステや美容整形で豊胸は出来る?胸を大きくする方法を探して試すブログです。
大胸筋下のインプラント豊胸のデメリット揺れと柔らかさ
大胸筋下のシリコンバックのインプラント豊胸手術にもデメリットがあります。それは揺れない、硬くなるということ。もちろん回避する事も可能なので、慎重に進めていきましょう。
大胸筋膜下法のメリットは?大胸筋下法との違いは?
胸の脂肪が少ない場合は大胸筋下法をおすすめされます。 微妙な量の場合は柔らかさなどのメリットがある大胸筋膜下法を選ぶことが可能かもしれません。
シリコンバッグの寿命で入れ替え
シリコンバッグの寿命が何年かって結構難しい。丁寧に扱っている人は長持ちしているし、最初のマッサージをサボった人は短期間で交換するハメにもなるよ。マッサージは何年も続けるわけじゃないから、期間中は頑張ろう!
インプラント豊胸手術の傷跡の注意。する前に質問しよう
インプラント豊胸は形も綺麗だし、長期間使えるし、コスパいいしメリットばっかりだけど、注意も必要です。シリコンバックを入れるためにメスで切るので、切開する場所は必ず確認です。傷跡がどれくらい残るのか。医師に必ず質問しましょう。
シリコンバッグが破れて、体内で液が混ざる?
インプラント豊胸手術のシリコンバッグが破れてしまうリスクはほぼゼロです。そして、万一破れたとしても有害な物質じゃないし、液体みたいに染み渡っていかないです。