インプラント豊胸手術の傷跡の注意

インプラント豊胸手術の傷跡の注意。する前に質問しよう

豊胸の跡。期待が大きいけど、注意も忘れないで!

 

 

これが一番大事かも知れないのが手術後の傷跡

 

せっかく綺麗なおっぱいになったのに、豊胸の跡が見えると困るよね。

 

 

料金とサイズアップのレベルと綺麗さでシリコンバッグのインプラント豊胸手術を希望する人は多いですけど、契約・手術前に注意が必要です。

 

 

必ずワキからのバック挿入をするかどうか確認しましょう。

 

クリニックによっては乳房の下乳輪の線上を切開して挿入する事もあるので注意!

 

これはどうしても傷跡が目立ちやすくなるので可能な限り避けたいよね。

 

 

一番いいのがワキのシワに沿って切開してからの豊胸。

 

 

豊胸後半年くらいの傷跡を見せてもらったことがあったんだけど、ほぼわかんない。

 

 

「豊胸のために切った」

 

 

って最初から聞いていなかったらまず気がつかないと思う。

 

その後もっと傷跡は薄くなるハズなので、はっきり言ってわからなくなると思う。

 

 

豊胸の跡
(湘南美容外科クリニック公式サイトより拝借)

 

 

 

傷跡が残るクリニックもあるので注意!

 

これは口コミを調べたのだけど、傷跡がかなり濃くなってしまっている人の写真を見ました。

 

赤い線が入っていて、ちょっと不自然。

 

カウンセリングで絶対にチェックしておいた方がいいと思う!

 

 

「傷跡の経過の写真を見せてください。」

 

 

って言うのもいいかも。

 

 

おっぱいが大きくなるのはどこのクリニックでもかなり技術力が高いので期待出来るんだけど、傷跡の質問を疎かにしてしまう人もいるみたい。

 

だけど、ここはきちんと確認しようね。

 

 

お金もかかるし、付いた傷が薄くなるのは時間がかかるし。

 

 

傷跡はレーザー治療で薄く出来る

 

万一思った以上に傷跡が残った場合だけど、これは治療も可能。

 

1年〜2年くらいは薄くなっていくので様子見しておいた方がお金の負担が少ないよね。

 

でも、

 

その後もずっと残るようでしたら美容レーザー治療を受けるという方法もあります。

 

あまりに濃い傷跡が完全に消える事はないけど、かなり目立たなくなります。

 

 

 

最近はほとんどのクリニックでカウンセリングは無料。

 

 

確認が不十分だったところはもう一回行って聞いても構わない。

 

もう一回カウンセリングを受けたりして、納得出来るまでよく知ってからにして欲しいです。

 

出来れば乳首周りや乳房の下に目立つ傷を残したり、ワキの傷でも濃い線にしたくないよね。

 

例えばわたしがカウンセリングを受けた湘南美容外科クリニックの場合、一度カウンセリングを受けたあとはWeb上でも質問が可能です。

 

手術の方法は細かいとこまでしっかり確認しましょうね。

 

関連ページ

インプラント豊胸(シリコンバッグ挿入法)のメリット、デメリット
インプラント豊胸は昔からある技術なので、高くて綺麗なおっぱいが出来ます。男性の胸に適した豊胸方法です。
シリコンバッグの豊胸だとマッサージが必要。
シリコンバックのインプラント豊胸だと、しばらくの間マッサージをしなくてはならないのが欠点。忙しい人のために、マッサージ不要のシリコンバックもあるので、カウンセリングで相談しましょう。
シリコンバッグ豊胸の痛みは?
シリコンバックを挿入する、インプラント豊胸手術にも痛みはあります。でも、手術の方法によって痛みも違うので、カウンセリングで詳しく確認しましょう。
シリコンバッグの豊胸だとバレない?
体は男性だけど、女性のような綺麗なおっぱいが欲しい。エステや美容整形で豊胸は出来る?胸を大きくする方法を探して試すブログです。
大胸筋下のインプラント豊胸のデメリット揺れと柔らかさ
大胸筋下のシリコンバックのインプラント豊胸手術にもデメリットがあります。それは揺れない、硬くなるということ。もちろん回避する事も可能なので、慎重に進めていきましょう。
大胸筋膜下法のメリットは?大胸筋下法との違いは?
胸の脂肪が少ない場合は大胸筋下法をおすすめされます。 微妙な量の場合は柔らかさなどのメリットがある大胸筋膜下法を選ぶことが可能かもしれません。
シリコンバッグの寿命で入れ替え
シリコンバッグの寿命が何年かって結構難しい。丁寧に扱っている人は長持ちしているし、最初のマッサージをサボった人は短期間で交換するハメにもなるよ。マッサージは何年も続けるわけじゃないから、期間中は頑張ろう!
シリコンバッグが破れて、体内で液が混ざる?
インプラント豊胸手術のシリコンバッグが破れてしまうリスクはほぼゼロです。そして、万一破れたとしても有害な物質じゃないし、液体みたいに染み渡っていかないです。