シリコンバッグの寿命で入れ替え

シリコンバッグの寿命で入れ替え

シリコンバッグの寿命は?

 

「シリコンバッグの寿命ってどれくらい?」

 

 

「10年ごとに入れ替え」とか「30年は大丈夫」

 

とか、

 

色々話があるけれども、

 

 

実際のところはシリコンバッグの豊胸の持続期間は人それぞれ。

 

 

あと、

 

 

日々の技術向上があるので、カウンセリングに行ったら聞いたり調べた話よりももっと長くなっている可能性も高いです。

 

 

丁寧にケアする事で何十年持たせている人もいますし、最初の大事な時期のマッサージをサボったせいで短期間で取替になってしまう人も。

 

 

マッサージなどのケアをきちんとしているか以外にも、体質でも変わってきて、たまに硬くなってしまう人もいるみたい。

 

 

「**年以上は絶対大丈夫」とは言えないので、大手美容外科では保証期間をもうけているところが多いですね。(例えば湘南美容外科クリニックでは10年間)

 

 

保証期間10年というのは、10年たったら交換しなくてはいけないというわけじゃないけど、その間にトラブルが起こったら保証するってこと。

 

自動車も1年保証2年保証だからと言って、1年2年で壊れたりはしないのと同じ感じ。

 

 

ちょっと例えがあんまりだったかな。。汗

 

 

でもまあそういうこと。笑

 

 

ただし、

 

 

「何十年でも一生保証出来る」

 

 

というわけにもいかないみたい。

 

 

重要なのは手術直後〜数ヵ月のマッサージ

 

10年ちょっとくらいでトラブルを起こさないように、特に術後数ヶ月のマッサージは絶対にサボらないように注意!

 

これサボって後悔してる人がとっても多いんだよね。汗

 

 

バックの具合がいまひとつに感じるようになった、硬くなった、破れた、といった場合はバックの入れ替えをしたらいいのだけど、そのタイミングで脂肪注入法に切り替える人も多いです。

 

 

なので、最初は安いめのシリコンを入れておいて、時期を見てて脂肪を入れていくのもいい手。

 

その辺は自分だけでは判断出来ないと思うから、カウンセリングで相談だね。

 

 

シリコンインプラントはヒアルロン酸と違って、

 

安いだけじゃなくって高さのある綺麗なバストが維持出来るから、一番コスパはいいよ!

 

関連ページ

インプラント豊胸(シリコンバッグ挿入法)のメリット、デメリット
インプラント豊胸は昔からある技術なので、高くて綺麗なおっぱいが出来ます。男性の胸に適した豊胸方法です。
シリコンバッグの豊胸だとマッサージが必要。
シリコンバックのインプラント豊胸だと、しばらくの間マッサージをしなくてはならないのが欠点。忙しい人のために、マッサージ不要のシリコンバックもあるので、カウンセリングで相談しましょう。
シリコンバッグ豊胸の痛みは?
シリコンバックを挿入する、インプラント豊胸手術にも痛みはあります。でも、手術の方法によって痛みも違うので、カウンセリングで詳しく確認しましょう。
シリコンバッグの豊胸だとバレない?
体は男性だけど、女性のような綺麗なおっぱいが欲しい。エステや美容整形で豊胸は出来る?胸を大きくする方法を探して試すブログです。
大胸筋下のインプラント豊胸のデメリット揺れと柔らかさ
大胸筋下のシリコンバックのインプラント豊胸手術にもデメリットがあります。それは揺れない、硬くなるということ。もちろん回避する事も可能なので、慎重に進めていきましょう。
大胸筋膜下法のメリットは?大胸筋下法との違いは?
胸の脂肪が少ない場合は大胸筋下法をおすすめされます。 微妙な量の場合は柔らかさなどのメリットがある大胸筋膜下法を選ぶことが可能かもしれません。
インプラント豊胸手術の傷跡の注意。する前に質問しよう
インプラント豊胸は形も綺麗だし、長期間使えるし、コスパいいしメリットばっかりだけど、注意も必要です。シリコンバックを入れるためにメスで切るので、切開する場所は必ず確認です。傷跡がどれくらい残るのか。医師に必ず質問しましょう。
シリコンバッグが破れて、体内で液が混ざる?
インプラント豊胸手術のシリコンバッグが破れてしまうリスクはほぼゼロです。そして、万一破れたとしても有害な物質じゃないし、液体みたいに染み渡っていかないです。