シリコンバッグが破れて、体内で液が混ざる

シリコンバッグが破れて、体内で液が混ざる?

体内で破れたら大惨事??

 

「豊胸した胸の挿入物が破れて体内で液体が広がってしまう!」

 

 

というのは昔々の生理食塩水のバックの話。

 

 

とはいえ、生理食塩水でも無害な成分なので、慌てず取り出しをしてもらえればOKだよ。

 

 

湘南美容外科などで用いているシリコンバッグMotivaなどはまず破れないのだそうです。

 

 

実際6重構造なので、それが全部破れるのはちょっと考えにくいよね。

 

 

さらに考えにくいけど、その全てが破れたとしても素材も水のようなサラサラ液体ではないし、人体に無害なものなので、破れたあとすぐに予約をとってクリニックで取り出しして貰えば大丈夫。

 

 

とは言っても異変を感じたらすぐにクリニックに行こうね。

 

 

自己判断は絶対ダメです。

 

 

大事なのは信用のあるクリニックで手術して、破れないシリコンバッグを入れる事。

 

 

扱った前例が多くあるところがいいね。

関連ページ

インプラント豊胸(シリコンバッグ挿入法)のメリット、デメリット
インプラント豊胸は昔からある技術なので、高くて綺麗なおっぱいが出来ます。男性の胸に適した豊胸方法です。
シリコンバッグの豊胸だとマッサージが必要。
シリコンバックのインプラント豊胸だと、しばらくの間マッサージをしなくてはならないのが欠点。忙しい人のために、マッサージ不要のシリコンバックもあるので、カウンセリングで相談しましょう。
シリコンバッグ豊胸の痛みは?
シリコンバックを挿入する、インプラント豊胸手術にも痛みはあります。でも、手術の方法によって痛みも違うので、カウンセリングで詳しく確認しましょう。
シリコンバッグの豊胸だとバレない?
体は男性だけど、女性のような綺麗なおっぱいが欲しい。エステや美容整形で豊胸は出来る?胸を大きくする方法を探して試すブログです。
大胸筋下のインプラント豊胸のデメリット揺れと柔らかさ
大胸筋下のシリコンバックのインプラント豊胸手術にもデメリットがあります。それは揺れない、硬くなるということ。もちろん回避する事も可能なので、慎重に進めていきましょう。
大胸筋膜下法のメリットは?大胸筋下法との違いは?
胸の脂肪が少ない場合は大胸筋下法をおすすめされます。 微妙な量の場合は柔らかさなどのメリットがある大胸筋膜下法を選ぶことが可能かもしれません。
シリコンバッグの寿命で入れ替え
シリコンバッグの寿命が何年かって結構難しい。丁寧に扱っている人は長持ちしているし、最初のマッサージをサボった人は短期間で交換するハメにもなるよ。マッサージは何年も続けるわけじゃないから、期間中は頑張ろう!
インプラント豊胸手術の傷跡の注意。する前に質問しよう
インプラント豊胸は形も綺麗だし、長期間使えるし、コスパいいしメリットばっかりだけど、注意も必要です。シリコンバックを入れるためにメスで切るので、切開する場所は必ず確認です。傷跡がどれくらい残るのか。医師に必ず質問しましょう。