女性ホルモンで変わるところ、変わらないところ

 

女性ホルモンを使っただけで完全に女性になれるわけじゃないよ。

 

 

元のまま変わらないものも多いので、代表的なものをあげてみます♪

 

 

■声は変わらない

 

声は全く、少しも変わらない。

 

女性が男性ホルモンを使うと低くなるのだけど、逆はないそうです。

 

声が高いニューハーフのお姉さんもいるけれども、それは元々か、声変わりの前から女性ホルモンを使用していたか、長いボイストレーニングの成果なのだそうです。

 

 

■体格は変わらない

 

体格というか、骨格。

 

お尻は脂肪がついて大きくなるし胸は膨らむけれども、肩幅や顔の骨、胸囲とアンダーバストはあまり変わらないみたい。

 

脂肪のつき方が変わるから、女性的なシルエットにはなってくるけど、2次性徴が終わったあとの大きい上半身はどうにもならないです。

 

なのでシリコン豊胸でサイズを大きめにする人が多いんですって。

 

この辺は元々の骨格で有利不利はあるかな〜。

 

上半身がでかい女性もいることだし。

 

 

 

■体毛は変わらない

 

みたい。

 

若干薄くはなるみたいだけど、なくなったりはしないです。

 

なのでニューハーフのお店で働く方々は脱毛に行っています。

 

女性ホルモンで綺麗になったって人は沢山いるけれども、本当のところは薬だけじゃなくって美容やおしゃれ、メイク、仕草を努力で変えていっている人なんです。

 

実際ムダ毛に耐えられなくて、女性ホルモンを使う前に脱毛をしてしまう人もたくさんいますよ〜。

 

※毛は太い方が脱毛の効果があるので、予算によっては女性ホルモンの前に脱毛に行った方が効率がいいです♪