男性の体にはインプラントがオススメ。メリットとデメリットを確認!

 

通常の体型だと3カップ以上おっぱいを大きくするにはインプラント豊胸。

 

 

脂肪注入法だと自分の体についている脂肪を使うので、採取出来る脂肪の総量に限りが出てしまうのです。

 

 

ヒアルロン酸ならばいくらでも大きく出来そうだけど、

 

一定期間で体に吸収されていってしまうので、追加補充が必要。

 

サイズが大きいと、それだけ追加する量も多く必要なので料金の負担が大きいよね。

 

 

インプラント豊胸術のメリット

 

・すぐに、確実に希望したサイズまで胸を大きく出来る
・乳房に自然な高さが出せる

 

 

男性の豊胸にはインプラントが向いてるね。

 

特に女性ホルモンを1年以上しても大きくならなかった、女性ホルモンをする予定がない方にはインプラントからがいいみたい。

 

 

インプラント豊胸術のデメリット

 

・術後の一定期間はマッサージを続けなくてはならない

 

 

ちょっと面倒。汗

 

 

・インプラント挿入時にできた傷跡が残る

 

最近は柔らかいシリコンバッグを使用するので、挿入するのに必要なキズも小さいです。

 

技術も向上したので残る傷跡もかなり薄くなるんですって。

 

 

気にせずバストの近くを切るクリニック、

 

目立たないように乳輪の境界線上を切るクリニックもあるけど、

 

湘南美容外科だと脇のシワに剃って切開し、そこからの挿入。

 

 

以前した人に見せてもらったことあるけど、傷跡はほぼわからなかったよ。

 

 

将来脂肪注入法に切り替えられる?

 

実際切り替えをしている人も何人か知ってる。

 

豊胸の相談とかしたひと。笑

 

 

シリコンバッグを抜いて、そして脂肪注入をします。

 

 

いきなり男性のペッタンコ胸に脂肪注入はあんまり向いてない。

 

 

肌が伸びていないところに柔らかい脂肪を入れても高さが出ずに脂肪が広がってしまうからですって。

 

以前写真で見たことあるけど、単に胸板が厚くなった感じで、ちょっと希望と違う。汗汗

 

 

でも、シリコンバッグで皮膚がおっぱいの形に伸びているならば、バックを取り出して脂肪注入をする事で綺麗なおっぱいになります♪