シリコンバック取り出しと同時に脂肪注入豊胸手術

シリコンバック取り出しと同時に脂肪注入豊胸手術

シリコンバックから脂肪注入への切り替え

 

シリコンバックで大きくなった乳房からバックを取り除き、脂肪注入に切り替える人が増えてきました。

 

 

・以前シリコンを入れた時にはまだ普及していなかった脂肪注入法を試したい
・シリコンバックの違和感を解消したい
・拘縮したり破れてしまったのでやり直したい

 

 

などなど。

 

やっぱり脂肪注入が自然な乳房になるから一番いいもんね。

 

 

以前はシリコンバック取り出しと脂肪注入は同日に出来なかったのだけど、技術が発達して今では可能。(湘南美容外科のカウンセリングで聞きました)

 

 

何より大きいメリットは体への負担の軽減

 

取り出しと注入と、2回に分けると体への負担も大きいです。

 

 

あと、個人的には取り出しで小さくなった胸にショックを受けないですむのがいいかな〜って思う。

 

 

もちろん長時間の手術になるので、ドクターのスケジュールで可能な日が決まってくるみたい。

 

希望がある場合は早めのカウンセリングが必要です。

 

 

バックの取り出しを相談すると、おそらく同日の脂肪注入を勧めてもらえるとは思うので、カウンセリング当日にドクターとよく話し合いましょう。

 

 

実績のあるクリニックで行なおう

 

それから、シリコンバックのあった部分って、体組織がバックを取り囲んでカプセル状になっています。

 

バックを取り出したら袋みたいなものが残るわけ。

 

 

カプセルは何ヶ月もかけて消えていくのだけど、

 

バッグ取り出し同日の脂肪注入の場合に注意しなくてはいけないのが、

 

その残ったカプセル部分に脂肪が入ってはいけないんです。

 

 

普通は注入うした脂肪は周りに毛細血管が伸びて体組織になるのだけど、カプセル内に入った脂肪は定着しないで死んでしまう事が多いです。

 

想定よりもバストが小さくなるし、しこりの原因にも。

 

シリコンバックからの脂肪注入の切り替えでも、きちんと実績のある医師のいるクリニックに依頼する事が大事です。

関連ページ

シリコンバッグ豊胸(インプラント豊胸)とは
シリコンバッグを挿入する、インプラント豊胸手術はいまでも一番メジャーな方法です。料金も低めで、効果は高いです。医師のカウンセリングを受けて、インプラント豊胸が合っているかどうか、確認しましょうね。
ヒアルロン酸豊胸とは
手軽な豊胸がヒアルロン酸豊胸。安くてすぐ出来て、体の負担も小さいです。ただ、効果が徐々に薄れてしまう欠点もあります。
脂肪注入豊胸とは
脂肪注入豊胸とは、体から脂肪細胞を採取して、胸などに入れる方法です。自然なバストになって、もともとの乳房とかわらなくなります。
献血豊胸の効果と口コミ。持続期間は短かい?しこり出来る?
献血豊胸は低価格で感触もよく、一時期多くのクリニックで行なわれていたのですけど、二つのデメリットがあって扱うクリニックが減ってきました。献血豊胸が向いているひと、向いていないひと、扱うクリニックは?
乳がんで失った乳房を作り直すのが乳房再建
乳がんなどで乳房を失ったら。再建の手術が可能です。最近は美しい乳房再建もできるんです。
生理食塩水によるインプラント豊胸
生理食塩水によるインプラント豊胸手術は、現在行われておりません。
シリコンバックで出来たカプセルの中にヒアルロン酸を入れる豊胸
シリコンバックを取り出して残ったカプセルの中にヒアルロン酸を入れる豊胸手術があるそうです。
アクアフィリング豊胸は最新の豊胸手術
湘南美容外科は規模が大きいので、最新の手術が導入されます。アクアフィリング豊胸手術は、ヒアルロン酸よりも長期間維持できて、感触もとても良いものです。
バストグロウ
バストグロウは自然なバストが出来ます。体積のあるものを挿入するのではなく、成長因子の注射で、バストそのものが成長します。