シリコンバックで出来たカプセルの中にヒアルロン酸を入れる豊胸

シリコンバックで出来たカプセルの中にヒアルロン酸を入れる豊胸

シリコンインプラントの形に出来たカプセルを利用した豊胸

 

珍しい豊胸手術の方法を聞きました。

 

一番メジャーな豊胸は昔からあるシリコンバックを挿入するインプラント豊胸手術。

 

この方法で手術すると、バッグの周りに丈夫な膜が出来るんですって。

 

 

それは体の働きによるもの。

 

人体は異物が入ると追い出そうという働きがあるけれども、シリコンバックなんてどう考えても排出出来ないよね。笑

 

 

なので人体はそういう異物を閉じ込めてしまおうという働きをするのだそうです。

 

 

それを豊胸の用語ではカプセルって呼ぶのだけど、シリコンバックを取り去ってしまったらカプセルだけが残る。

 

カプセルは放置していると数ヶ月かけてゆっくりと消えていくのだけど、

 

 

じゃあ、もしもそこにヒアルロン酸を入れたら?

 

 

上手にカプセルの蓋が閉じたら、中にヒアルロン酸が入った豊胸の完成!

 

 

という理屈なのだけど、あんまりやっているクリニックはないな〜。笑

 

 

やっぱりちょっとヘンテコになる気がするし、脂肪注入の方が技術も確立されているからね。

 

 

でも技術的にはあるみたい。

関連ページ

シリコンバッグ豊胸(インプラント豊胸)とは
シリコンバッグを挿入する、インプラント豊胸手術はいまでも一番メジャーな方法です。料金も低めで、効果は高いです。医師のカウンセリングを受けて、インプラント豊胸が合っているかどうか、確認しましょうね。
ヒアルロン酸豊胸とは
手軽な豊胸がヒアルロン酸豊胸。安くてすぐ出来て、体の負担も小さいです。ただ、効果が徐々に薄れてしまう欠点もあります。
脂肪注入豊胸とは
脂肪注入豊胸とは、体から脂肪細胞を採取して、胸などに入れる方法です。自然なバストになって、もともとの乳房とかわらなくなります。
献血豊胸の効果と口コミ。持続期間は短かい?しこり出来る?
献血豊胸は低価格で感触もよく、一時期多くのクリニックで行なわれていたのですけど、二つのデメリットがあって扱うクリニックが減ってきました。献血豊胸が向いているひと、向いていないひと、扱うクリニックは?
乳がんで失った乳房を作り直すのが乳房再建
乳がんなどで乳房を失ったら。再建の手術が可能です。最近は美しい乳房再建もできるんです。
生理食塩水によるインプラント豊胸
生理食塩水によるインプラント豊胸手術は、現在行われておりません。
シリコンバック取り出しと同時に脂肪注入豊胸手術
以前はシリコンバックから脂肪注入法に切り替える時は、取り出し日と、注入日が別でした。体に負担もかかるし、注入日までに乳房が小さいのにショックを受けたりします。
アクアフィリング豊胸は最新の豊胸手術
湘南美容外科は規模が大きいので、最新の手術が導入されます。アクアフィリング豊胸手術は、ヒアルロン酸よりも長期間維持できて、感触もとても良いものです。
バストグロウ
バストグロウは自然なバストが出来ます。体積のあるものを挿入するのではなく、成長因子の注射で、バストそのものが成長します。