男性の体に適した豊胸手術

男性の体に適した豊胸手術

男性の豊胸には難点も

 

男性の体に適した豊胸手術はインプラント豊胸。(シリコンバック豊胸)

 

シリコンバック豊胸の最大のメリットは希望したサイズに確実になる事。

 

きちんと高さも出るから見た目も綺麗に仕上がるんですって。

 

ヒアルロン酸はいずれしぼんでしまうし、

 

脂肪注入法では1回で出来る大きさが限られています。(2回とかする人もいる)

 

 

■男性のシリコンバック豊胸の注意

 

通常ある程度のサイズのバストがある場合は乳腺下にバックを入れるのだけど、男性は元々乳腺が少なく脂肪も少ないです。

 

やせ型の女性でも同じなのですけど、胸がペタンコの場合にそれをするとバックの形が浮き出ちゃう。

 

なので大胸筋の下にバックを入れる。

 

そうすると、脂肪のかわりに大胸筋がシリコンバックの形を隠してくれます。

 

 

ただね、やっぱり揺れない。

 

 

全く揺れない事はないけれども、大胸筋でシリコンバックが抑えられちゃっているので揺れにくいです。

 

 

■男性の豊胸手術の難点

 

理想の豊胸手術が脂肪注入であるのは間違いないのですけど、

 

脂肪注入だと

 

・取れた脂肪分しか大きくなれない
・男性のペッタンコ胸だと脂肪を入れても皮膚に抑えられて高さが出にくい

 

って、弱点もあるんですよね。

 

 

それから男性だとどうしても

 

胸板が厚くて肩幅が大きいので、バランスをよくするためには大きめのおっぱいにする必要があります。

 

 

シリコンバックならば大きさも自由だし、女性らしい高さのある綺麗な乳房になります。

 

最近のシリコンバックは感触も柔らかいし安全性も高いので、まず最初に挑戦するのに適しています。

 

 

インプラント豊胸手術の欠点としては、バックを入れるための傷跡が残る事。

 

傷跡もかなり薄くなるけど、全く無しというわけにはいかないです。

 

 

でも最近のインプラント豊胸は、乳房にキズ跡が付いたりはしないよ。

 

ワキのシワの線に沿って短かく切開してからバックを挿入する方法を取るので、傷跡はほとんど気にならないくらいにはなります。

 

写真を何枚か見せてもらったし、シリコンバック入れて1年後の知人に見せてもらったけど、はっきり言って全然わかんない。

 

 

■すでに女性ホルモンである程度乳房に膨らみが出来てきている場合は脂肪注入法を検討してもいいと思います。

 

普通に女性の豊胸と同じと思っていいんですって。

 

「もうちょっと大きくしたいな」

 

って場合ね。

 

それからすでに他の豊胸法である程度乳房の皮膚が伸びている人は、脂肪豊胸でもOKな事もあります。

 

 

ヒアルロン酸豊胸を続けていた  ⇒ 脂肪注入法に切り替え

 

インプラント豊胸をして数年  ⇒ 脂肪注入法に切り替え

 

 

実際にうまくいっている人も多いのだけど、その辺の判断は自分だけでは難しいので、医師に相談してから決めようね。

 

関連ページ

注射の豊胸はヒアルロン酸豊胸から?注入の効果とわたしの口コミ。
理想の豊胸法は脂肪吸引の注入法ですけど、男性の場合は簡単ではありません。様子見したい、注射だけがいい、そういう場合はヒアルロン酸豊胸から始めましょう。
男性の豊胸手術1回で、おっぱいをどのくらい大きく出来る?
男性でも女性でも、一度の豊胸手術で大きく出来るサイズには限界があります。 無理に大きくすると不自然な乳房が出来上がってしまうからです。
男性に脂肪注入法での豊胸手術をする問題点
理想の豊胸法は脂肪吸引の注入法ですけど、男性の場合は簡単ではありません。それは胸板や肩幅などの体格が違うからです。
洗濯板の胸から脂肪注入法で綺麗な乳房を作る豊胸手術
ぺたんこ胸だけど、どうしても脂肪注入法で豊胸をしたい場合には段階があります。
どうしてもインプラント豊胸(シリコンバック)以外で豊胸したい
脂肪注入をしたいけど、ペタンコな胸に入れてもあんまり綺麗なおっぱいにはならないです。オススメはシリコンバック挿入だけど、どうしても脂肪を入れたいならば、まずは安いヒアルロン酸でお試しするといいです。
おっぱいのサイズと美しさと自然さを全て満たすのがハイブリッド豊胸
ハイブリッド豊胸手術は、シリコンバックのインプラントの美しさと脂肪注入の自然さを合わせた豊胸手術です。 特に体が男性の豊胸手術では一番合っている方法です。